落ちる成績をどうにかしたい!

落ちる娘の成績をどうにかしたい!

中学時代の娘の成績はずば抜けてよいというわけではありませんでしたが、まあそこそこよい位置につけていました。そうですね、クラスで常に3番~5番くらいの成績を維持していたと思います。

そんな娘が、県内トップクラスの進学校への入学を希望したときは、さすがに心配になりました。詳しい経緯につきましては、別のページを設けていますので、そちらをご覧になってください。

少しレベルを下げて「安全圏を狙ったほうがよいのでは」とも思ったのですが、娘がやる気になっていたので反対せずに応援してやることにしました。

当時の娘の頑張りようには、親としても頭が下がる思いでした。進学塾にも熱心に通い、意欲的に受験勉強に取り組んでいました。

特に最後の追い込みの期間は、娘をそばで見ていて鬼気迫るものを感じたくらいです。

その頑張りが報われて見事合格を果たせたときには、母子で手を取り合ってそれこそ飛び上がらんばかりに喜んでしまいました。

そこまではよかったのですが・・・

入学後、娘は進学校の授業のスピードについていくことができなくなってしまったようで、あれよあれよというまに成績が落ちていきました。もともと、かなり無理して入ったところでもありましたしこのような結果になることも、ある程度は予想できたといえばできたことだったのですが。

やはり親としては心配ですので、完全に落ちこぼれてしまう前にどうにかしてやらないと思い、あれこれと考えあぐねた末に家庭教師の先生にお願いすることにしたのです。

というわけで、ここでは、娘が無事に合格するまでのエピソードや、入学後の高校生活の様子、そして熟考の結果、こちらの家庭教師の先生に来てもらうことに至った詳しい経緯について、それぞれにページを設けてご紹介しています。

家庭教師をつけるメリットなどについてもお伝えしていますので、ぜひ参考になさってください。

無事、高校入学!
家庭教師を比較するに至るまでの経緯についてまとめています。中学3年の夏、当時の偏差値より10上の公立高校一本の受験を試み猛勉強の末、なんとか難関校合格にたどりつき、学校でも楽しくやっているようでした。
無事、高校入学!
授業についていけない?
進学校に入学後、どんどん成績の落ちていく娘・・・夫と二人で頭を悩ませました。授業についていけないとこぼす子供にできることを考えました。
授業についていけない?
家庭教師に頼るべき?
努力してもどんどん成績の下がっていくわが子の苦手意識克服のため、家庭教師の先生にお願いすることにしました。現在利用している家庭教師センターも紹介しています。
家庭教師に頼るべき?
家庭教師のメリット
成績の落ち続ける娘につけた家庭教師。やはり一対一でつきっきりでみてもらえることが最大のメリットだと思っています。
家庭教師のメリット